2006年12月05日

政治は厳しいもの

昨今の報道で政治家や知事の問題が話題になるにつけ
残念で仕方ありません。

以前は立候補するにあたり、その判断基準が
「地盤、看板、かばん」と言われる時代がありました。

しかし、今日の成熟社会では判断基準も広がり、
候補者のモラルや団体、組織、サークル等々
一概には言えないのが現状です。

問題点は支援団体が、基盤の中心点で
「だれが」「どこが」と言うところで大きく間違っていた。

支持政党の公認、単独か複数政党か、無所属か、
広い支持、支援を得るのは何時も厳しいものです。

政治は民意が反映できることがその「任」にあると
考えます。
“国政、府政、市政全てにおいて”

ハタは民意の反映で一生懸命  
ブログ応援団員募集中。


posted by ハタ成章 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。