2007年06月15日

平成の青年遣隋使

政冷経熱と云われる日中関係。
大きな流れを変えていく事は出来ないかもしれないが、
長い歴史からすれば、ほんの一瞬の出来事でもあるのです。

西暦607年
大阪難波津から小野妹子が出帆し、
歴史に足跡を残しています。

遣隋使が以後の日本に影響をおよぼした様に
大阪府では、平成の現代でも
若者に可能性と相互交流を目的に
“平成の青年遣隋使”
を派遣しようとしています。

共に働き、共に見て、共に感じれば
お互いの事を理解しあえることが出来れば
大阪に希望がひとつ灯ります。

ハタは府政に希望を盛り込む応援団員。


kenzuisi.jpg

posted by ハタ成章 at 09:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今から1400年前の危険に満ちた航海を行ってまで、交流を持とうとした勇気に心動かされ、プラネタリウムで【住吉の星】という番組を作っています。
人と交われば何かが変わる。。。
そんな夢と希望を今でも持ち続けていたいものですね!
Posted by なすか at 2007年06月23日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

全国プラネタリウム大会・日立2007(今日の豊川観望会は中止です。)
Excerpt: 全国プラネタリウム大会・日立2007 無事行って帰りました! 往復夜行バス・・・
Weblog: プラネタリウム室の日記帳
Tracked: 2007-06-23 12:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。