2007年07月02日

雨もまた、楽し

 風の音、川の音、雨の音、波打ち際の音、
自然が出す音には、人や動物に安心感を与える
独特のリズム(ゆらぎ)があるそうです。

雨音は、胎児が、母親の胎内で聴く音にも似ているとか。
雨音を楽しむ週末、というのもたまには悪くないかもしれません。

嫌だな・・・、と思う前に、楽しむ方法を考えるのも
人生にはばが出ますよ。

ハタは人生を応援する応援団員
ラベル: 梅雨 人生
posted by ハタ成章 at 09:16| Comment(53) | TrackBack(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

生きる能力

田植えが終わり、水田に多くの生物たちが活動を始めます。
そのなかに、カエルがいます。
カエルは人間と比べて皮膚が薄く、
その薄さ故に、雨が降ることが事前にわかるそうです。

カエルが前日よりも一段と泣き声が大きいと、
翌日は雨が降る、ということを聞いた事があります。

人間も、「何か予感がする」ということが良くあると思います。
太古の昔からの能力が、現代に蘇ってくるのかもしれません

商売でも、生きる上でも、「予感」は使える武器です。
人間の持てる能力は計り知れないものです。

ハタは人の可能性に応援する応援団員
ラベル:梅雨 予感 カエル
posted by ハタ成章 at 13:19| Comment(1) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

30,000日の人生

以前、どこかで人生を日数に換算すると
人生82年として約30,000日というのを見ました。

二十歳までの7,000日
六十歳までの15,000日
八十歳までの7,000日

定年退職してからの時間が、生まれてから
成人までの時間に匹敵することを考えれば、
経験も知識も豊富な人々にもっと活躍して
大阪府民や大阪の商いに貢献していただく
仕組みづくりが必要です。

7,000日を切ったハタの思いは
府政を通じて希望という夢を盛り込み
生き甲斐を創り出す事です。
posted by ハタ成章 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

見える化

カンバンやアンドンを使った「トヨタ生産方式」は
“見える化”の代表例です。
現場の問題点を早期に発見してカイゼンをする事が本質と
とらえています。

府政の改革にこの手法を取り入れたら
問題が浮き上がり、素早くカイゼン。
と、単純に行かないところに
行政、地方自治の難しさがある。

民間企業のようにわかり易い目標が有り
生産や展開をもっと分かり易くしようとしている。

一方、府政は目標も優先順位も千差万別で
(住民・企業・若年・女性・etc)
益々わかりにくくなっている。

政治の「見える化」が実現すれば
府民の関心ももう少し持ってもらえるだろう。

ハタは府政と住民を近づける応援団員。
posted by ハタ成章 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

寄らば大樹のかげ

この時期になると、新入社員を良く見かけます。
また同時に、就職活動も始まります。
大企業やお役所に「寄らば大樹のかげ」の考えで入ってきた人には
厳しい競争が待っている事を自覚すべきです。

選ばれし人々の集団では、並みの努力では秀でる事は出来ません。
20年後は窓際族で飼い殺しともなりかねません。

孫子の兵法に
「ひとのやらない事をやれば“労少なくして項多し”」と
記載されています。

新規企業や中堅企業の方が
成長の可能性が高い上に、人材の層が薄い。
がんばればそれだけ評価されやすいし、
仕事に対する貢献度は上がります。

どちらを選択しても、
苦労と努力に代わりはありませんが、
後者の生き方に賭けてみる若者が、輝いて見えるのは、
フロンティアの心意気を感じるからでしょうか?

ハタは輝く若者の応援団員。
ラベル:就職活動
posted by ハタ成章 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

職人

去年の8月にブログに掲載した万年筆博士に電話した。
店主は私のブログを見たらしく、
丁寧にお礼のことばを述べてくれた。

“感動した”。
大変な思いをして車で行った夏の思い出が、
遠く離れた店主が見てくれていた事に。

1本の万年筆が、“思い出”と“感動”をくれました。
納品は今年の10月。
職人の技に出会える感動が待っている。

“技”に価格競争はありません。
ものづくりのコツ、少し見たような気がします。

http://www.fp-hakase.com/

mannenhitsu.jpg
posted by ハタ成章 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

100−1=ゼロ

帝国ホテル、117年の歴史を支え続け、受け継がれてきたものに
「おもてなしの心」があります。

電話オペレーターからドアマンへ。そしてフロント係からベルマンへ。
チェーンの様につながっていくサービスは、途中の1人のミスで全ては水泡に帰するだけではなく、全体がマイナスイメージになってしまうのです。

お商売をされている方は肌身に感じておられるでしょうが、
自分や自治体職員がそのマイナスにならない心構えと
日々の動きをしているかとなると、疑問視する方もいらっしゃるでしょう。

ただ、地方自治の場合「あちらを立てればこちらがたたない」
多くの矛盾をかかえています。
この矛盾を克服できるのは「おもいやる心」だと思っています。

大阪の歴史と伝統を支え続け、発展の起爆剤となる「おもいやる心」。
民意の反映をハタは職務としています。

ハタは「おもいやる心」のある大阪府政を応援する応援団員。
ラベル:思いやり
posted by ハタ成章 at 16:51| Comment(2) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

変化(わかっているけど・・・・)

大阪を代表する企業のひとつに「松下電器」がある。
この企業は「変化に対応する組織」から、
「変化をおこす企業」へと
変革努力されています。

振り返って大阪の街は変化に対応すら出来かねていないか?
「変化に対応し、変化をおこす」
この様な事を具体的にしていけば、大阪の街はきっと良くなる。

ハタは微力ながら大阪の変化力を応援する応援団員
ラベル:松下電器
posted by ハタ成章 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

危機感

業績の良い企業や成長企業ほど手綱を緩める事無く
改革に邁進しています。

改革を止めないと自らに言い聞かせ、
大きな目標に向かって
日々、地道な努力を続けています。

成熟後の制度疲労もあり、既存を変える事は容易な事ではない。
困難を成し遂げる背景に「強い危機感」を抱いているかいないか。

グローバル化の進行に伴う企業流出や、さまざまな不祥事。
ハタは微力ながら大阪に危機感を感じている

ラベル:改革 危機感
posted by ハタ成章 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

2007年問題

「2007年問題」、いわゆる団塊の世代の大量退職問題がいよいよ始まる。
各業界では、ベテラン世代の持つ技術や経験が継承されずに
失われることへの懸念は小さくない。

近年、技術力不足や倫理観の欠如がもたらす品質低下や
事故などが目立ち始めている。

地域防災・防犯、街づくり、行政支援など
この世代が持つポテンシャルをこのまま眠らせてしまうのは
あまりにも残念です。

みんなが喜べる仕組みがあれば。
大阪の街は、もっといい街に成長するに違いない。
「2007年問題」を地域問題・地域意識を高めるきっかけにする必要がある。

ハタは団塊の世代の応援団員。
ラベル:団塊の世代
posted by ハタ成章 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

問題解決能力

最近、大人たちは常に余裕のない
何か問題が起きた時、すぐに答えを求めようとする人が多い
と感じるのは私だけでしょうか?

問題解決の小さなヒントから、大きな糸口へと導き出し、
例え失敗したとしてもその考えるプロセス、解決に至る経緯
などの経験は代えがたい糧となるように思います。

人や経験が与えてくれるのは「答え」ではなく「ヒント」であり、「ヒント」であるがゆえに、さまざまな違った事例に遭遇しても
対応できると思うのです。

ミステリーの犯人がすぐに分かってしまったら
面白くないのと何処かにていますね。

ハタは努力する人の応援団員。

posted by ハタ成章 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

良き伝統

私の応援をしてくださっている会社の方が
地域の防災リーダーになるため、
半年かけて兵庫県三木市にある消防学校で勉強している。

学校内で出会う消防学校の生徒たちは、一般人のその人に対しても
礼儀正しく敬礼で迎えてくれるそうです。

時間毎の始まりの挨拶も「総員起立」「礼」「おねがいします」の
掛け声のもと、背筋が伸びて心があらわれる気がするそうです。

「礼」に始まり「礼」で終わる。

日本人の善き伝統は気持ち良いそうです。
忘れていませんか?
伝統の生活習慣を。


01.jpg02.jpg03.jpg


04.jpg05.jpg06.jpg

ラベル:生活習慣 防災
posted by ハタ成章 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

先人の知恵

土手の桜
よく、川の堤防(土手)に桜並木が作られているのを
皆さんは御存知だと思います。

冬に時期、堤防には霜柱が立ち、
春の初め頃には堤防の土が緩みます。
ちょうどこの時期に堤防をしっかり固めることが出来れば
1年間安心して生活が営める。

そんな防災心と桜を愛でる気持ちが出会ってしまった。

花見(桜)に訪れる人々によって 土手はしっかりと踏みしめられ
防災を楽しいイベントに替えてしまった。

堅苦しい行事でも楽しい行事に変える事ができたなら
住みやすい街に近づく。

ハタは街作り応援団員。

ki_01.jpg

ラベル:防災 街づくり
posted by ハタ成章 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

歴史に学ぶ

「八丁堀の旦那」
江戸の町を舞台にした時代劇でよく登場する与力と同心。
幕府の役人でありながら、町人の人気が高かった。

特に市中を巡回する定町廻りが最も親しまれ、現在でいえば
交番勤務のお巡りさんといったところです。

江戸っ子にとって、「お高くとまった侍」は嫌われる対象であり
その様な中で人気が有ったのには訳があります。

他の城勤めの武士からは「不浄役人」と軽蔑されながら、
市井での捜査・逮捕をスムーズに行うため「町人の味方になる」
という心意気を生み出し、武家言葉を使わず、町人言葉を使いました。

ちょんまげもより町人に近い形となり、変装や尾行、秘密捜査も行われ、
現在の犯罪捜査の知恵とテクニックは、すでに江戸時代から使われていた
という事になります。

「人々の味方になる」という心意気は、私を含め府職員や他の公務員に
今でも通用する大切な気持ちだと思います。

ハタは大阪の人々に対する努力をおしまない


posted by ハタ成章 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

阿吽と以心伝心

最近の風潮として、阿吽の呼吸や以心伝心などと云う事は
通じないのが当たり前になってきました。

しかし、大阪はお笑い、商いの街です。
言葉の掛け合いによる「間」や「そのへんはうまいこと頼みますわ!」
って、今でもよくつかいます。

大阪文化を広め、阿吽の呼吸や以心伝心が伝わるようになれば
すごい効果が出るかもしれない。


ハタは大阪を元気にする努力をおしまない


posted by ハタ成章 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

人のこころ

ある会社の社長が、
「仕事にも色々なやり方があるが、大昔からそんなに変わっていない。
御客さまに感動を与える企業は強い。」と言っておられた。

「こんな事までしてくれた!」「こんな事まで考えてしてくれた」
「ここまで頑張ってくれた」など、
社長以下全員が、お客様に奉仕していく姿勢を持った企業は、
相手に感動を与え、その企業は強い。

最近の商品は、どこの商品も似たりよったりで価格的に差がほとんどありません。
そのような中、御客さまに感動を与えることによって、
「同じ買うならあの会社から買ってやろう」という思いを、
心の中に作り上げた企業が勝ち残る。

商売でも、役所の仕事でも、
教育でも、
人の心を思い、人の心にはたらきかける
ここに物事の真理があるかもしれない。

ハタは思いやる心を応援する応援団


ラベル:思いやり 感動
posted by ハタ成章 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

他人の自分

自分が写っている映像を見た事がありますか?
運動会やゴルフ、講演会や行楽のビデオ。

自分がいつもイメージしている手足の動きや、しゃべり方と
レンズや他人の目を通して描かれている自分とでは、
かなりのギャップがあるようです。

企業や商売、行政でも、同じ事が云えるのではないでしょうか。
企業内に所属して感じている企業の姿と
取引会社や地域の人々が感じる姿。

議会や行政も、携わる人と市民が感じる姿とのギャップ。
一生懸命努力していても伝わらない事。
伝わらないから、なんとなく何もしていないイメージ。

「他人の自分」を認識する努力、
違った目線で見る努力、
やろうとしている事を伝えようとする努力。
ハタは努力が好きな、地域の応援団員。
posted by ハタ成章 at 13:17| Comment(1) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

少年・少女期の遺産

何時もコメント、トラックバックをして頂いている「なすか」さん、
有難うございます。
大阪狭山市のプラネタリアンとして羨ましく拝見しています。
音楽の事や日本・ギリシャ神話から季節の話。
鉄道の話など、今まで歩んで来られた人生が次々広がります。
私の地元、新大阪では休日ともなれば少年達や、大人も交えて
「はるか」や「サンダーバード」、「雷鳥」
“キハ”や“クモハ”EF210、DE10などの電車や機関車の
写真を取るため、趣味人達が行き交います。
少年・少女期の経験がたくさん有れば、その後の人生でとても幅ができて
ゆとりが出るように思います。
淀川区のように、1等星ですら満足に見えない夜空のもと、
成長していく子供たちを、情緒豊かな幅のある大人たちに成長してもらうには
「なすか」さんのような方々の努力が欠かせません。

ハタは子供たちの成長を応援する応援団員。

「なすか」さんのブログプラネタリウム室の日記帳
ラベル:新大阪 星座
posted by ハタ成章 at 10:12| Comment(1) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

日本語の文化

いつの間にか「Public Comment」(パブリックコメント)
なる言葉を官公庁が使うようになった。
政省令や告示の原案を公表し、広く一般から意見を募り、
省庁の考えをまとめて、公表することを言うらしい。
「ブラッシュアップ」「アカウンタビリティー」
「ポジティブ」「ネガティブ」「インフラ」「パブリックサービス」
「ガバナンス」「アリバイ」「エゴ」「カンニング」
一方では近年、外来語が氾濫し、社会的に問題となり、
本来の美しい日本語が消えて行くと、文部科学省は警告しています。
また、「ナイター」や「リストラ」「フリーター」等の和製外来語も多く有ります。
美しい日本語が消えて行くのは悲しいが、元来、日本語の性質上
「外来語」を比較的容易に受け入れる下地が存在すると言われています。
「外来語」の濫用の原因を、役人や若者の節操の無さに押し付けてしまうのは
簡単ですが、それが日本語の良い所と見ることも出来ます。
その時代その時代で使われる外来語の変遷が、時代を反映しているからです。
37,000語のカタカナ語で、世界が広がり時代が見えてくる。

ハタは美しい日本語を愛する、応援団員。
posted by ハタ成章 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

写真屋さん

いつの間にか、まわりはデジタルだらけに成っていた。
テレビも地デジ、パソコン、携帯型デジタルプレイヤー・・・。
そんな世の中で、困ったときには何でも揃う、大概の物なら置いているコンビで、
写真用フィルムを置いていない事に驚嘆させられた。
「商い」「儲け」「回転率」こんな切り口で売り場から、写真フィルム文化が消えて行く。
寂しいが自然な流れで当然かもしれないが、
写真愛好家や明治・大正・昭和時代の人間にとって、
写真はフィルムであり、アナログなのです。
修正や切り貼り出来ない、一発勝負のフィルムカメラ。
日本人のどこか、いさぎよさにも似たところのあるフィルム写真文化は
まだまだ写真屋さんにチャンスがある様に思います。
頑張れ銀塩写真屋さん、がんばれがんばれ写真屋さん。

ハタは写真屋さん・銀塩文化を応援する応援団。
posted by ハタ成章 at 09:33| Comment(1) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。