2006年12月25日

大阪の勢い

孫子の兵法に「善く戦う者はこれを勢に求めて人に責めず」と
言っている様に、一番大事なのは勢いであると説いています。

プロスポーツでもいくらいい選手がいても
勢いのないチームは勝てないことがよくあります。

都市で云えばバイタリティーや活気とでもいいますか、
今の上海などは物凄い勢いが感じられます。

都市間での競争も激化する中で、
孫子のいう「人に責めず」が府政には許されない。

また、大阪に勢いをつける手を打ち続けなければ
衰退して行く。

ハタは大阪を元気にする応援団員


2006年12月21日

人のこころ

ある会社の社長が、
「仕事にも色々なやり方があるが、大昔からそんなに変わっていない。
御客さまに感動を与える企業は強い。」と言っておられた。

「こんな事までしてくれた!」「こんな事まで考えてしてくれた」
「ここまで頑張ってくれた」など、
社長以下全員が、お客様に奉仕していく姿勢を持った企業は、
相手に感動を与え、その企業は強い。

最近の商品は、どこの商品も似たりよったりで価格的に差がほとんどありません。
そのような中、御客さまに感動を与えることによって、
「同じ買うならあの会社から買ってやろう」という思いを、
心の中に作り上げた企業が勝ち残る。

商売でも、役所の仕事でも、
教育でも、
人の心を思い、人の心にはたらきかける
ここに物事の真理があるかもしれない。

ハタは思いやる心を応援する応援団


ラベル:思いやり 感動
posted by ハタ成章 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

中之島・大阪国際会議場前駅

7年前。
大阪は産業の街、商いの街であり、
その街の商工族として自負心もあり、誇りもあった。

その時、大阪が国際都市として、都市基盤整備として
国際会議が開催できる会議場の必要性を説いた話を聞き
必要とする都市インフラが、まだまだである事に
目覚めさせられた。

財政難の中、700億円の建設費が問題であったが、
自民党議員団の意見調整や団結する努力の結果
建設案が本会議を通過した。

知事も悩み、議員も努力し、黒川紀章先生設計の
「大阪国際会議場」は完成した。
苦労の甲斐があり稼動率は5年連続70%以上を続けている。

この様な経緯と強い思い入れが有る為、
9月府議会本会議において、平成20年開業予定の中之島新線の
駅名に大阪国際会議場の名を入れるように強く要求しました。

ありがたい事に「中之島、大阪国際会議場前」と決まり
これも民意の強い後押しの反映と感謝しています。

ハタは元気な大阪作りを応援する応援団


nakano_shima.jpg


http://www.keihan.co.jp/shinsen/ 京阪電気鉄道株式会社 中之島新線ホームページ
posted by ハタ成章 at 09:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 議員活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

神戸・大阪・奈良 新三都物語

神戸・大阪・奈良を1本でつなぐ西大阪延伸線工事現場を
管外視察として見てまいりました。

鉄道網が不十分な都心西部の東西方向で
神戸、難波、奈良が乗換え無しに結ばれ整備される事は
難波、湊町、ベイエリアのアクセス向上につながり
広域な交流が行われ、街の活性化に貢献する事を
期待しています。

明るい話題を提供する事業に、事故や労働災害は禁物です。
平成21年の完成まで、
無事故、無災害で開業を迎える事を願います。

新駅;九条、岩田橋、汐見橋

ハタは街の活性化を応援する応援団員


santo_jr.jpg


http://www.nishiosaka-railway.co.jp/ 西大阪高速鉄道株式会社
posted by ハタ成章 at 14:24| Comment(1) | TrackBack(2) | 議員活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

9月中間決算(企業市民)

6大銀行グループは不良債権処理を終え、大きな利益を上げるようになった。
「税務上の繰越欠損金」が大きければ、法人税が免除されるので
各行が納税を再び始めるのは3〜7年先になる見通しだ。
13年ぶりにいち早く納付再開したのは住友信託銀行で
200億円余りが納税された。

莫大な公的資金投入による再生なので、国民感情としては
一刻も早い納付再開を望みたい。

過去に銀行業による外形標準課税導入を審議する委員会の
委員長を務め、2年前の5月、
26行から100億6千万円の府税納付を実現した経緯があり
自身も関係が深い。

当時、銀行側からの色々な意見や、取り下げの要請も受けたが
議員団の結束の基、委員長としてがんばれた。

民意を受けた議員団の熱い思いが棚上げ状態では、
とても残念だ。
企業も社会の一員であり、「企業市民」である今日の社会では
納税は重要な義務である。
ラベル:納税 銀行 決算
posted by ハタ成章 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

政治は厳しいもの

昨今の報道で政治家や知事の問題が話題になるにつけ
残念で仕方ありません。

以前は立候補するにあたり、その判断基準が
「地盤、看板、かばん」と言われる時代がありました。

しかし、今日の成熟社会では判断基準も広がり、
候補者のモラルや団体、組織、サークル等々
一概には言えないのが現状です。

問題点は支援団体が、基盤の中心点で
「だれが」「どこが」と言うところで大きく間違っていた。

支持政党の公認、単独か複数政党か、無所属か、
広い支持、支援を得るのは何時も厳しいものです。

政治は民意が反映できることがその「任」にあると
考えます。
“国政、府政、市政全てにおいて”

ハタは民意の反映で一生懸命  
ブログ応援団員募集中。
posted by ハタ成章 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

2008年大阪サミット?!

先日、大阪でサミット開催を目指し、
「2008年サミット関西・大阪誘致推進協議会」拡大総会が開催され、
参加いたしました。

大阪府議会・市議会とも全会一致で招致の議決をし、
商工会議所をはじめ、関係団体など約3000人がこの会に参加しました。

世界の首脳が集まる国際会議ですから、
日本といえば東京
という世界の記憶に、大阪を知らしめるチャンスです。

大阪城を中心とした会場は、世界第一級の安全性ですが
地元の熱意が大きなウエートを占めます。

大阪、京都、神戸、横浜、新潟
ライバルはありますが、最終的には
来春、安部首相が決断します。

最後は政治的決断であり、
その為にも、安全以外の誘致の決め手がまだまだ必要です。
“最後の政治的決断”・・・「大阪」に向けて

ハタは“2008 OSAKA CASTLE SUMMIT”を
応援する応援団員

osaka_jyou.jpg
nankou.jpg

posted by ハタ成章 at 09:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 議員活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

不認定委員長(昨今の報道を見て)

かつて大阪府でも裏金問題が発覚し、大阪府議会において
その調査及び審査が行われました。
重ねる議論の中で、根拠の無い領収書や、必要性が認められない部品・商品
疑問をもたれるような飲食、返答が出来ない項目など次々に露呈し、
委員会として決算承認を否決しました。
その委員会の委員長が私です。

否決が本会議に報告され、
「謹んで厳粛に受け止め執行には厳正に務めます」と言う知事の宣言が出た。
不正支出は課長職以上の職員によって返納された。

‘05年度会計検査院が不適切と指摘した額は453億円にも及ぶと言う
昨今の報道を聞くと当時の事が思い出させる。

不正であり早急に国が責任を持つべきであり
今後を見るべき課題です。


政治において行政執行のチェックはもとより、
決算においても詳細の確認が必要です。

そんな時、政治家の「morals」(モラール)が問われる。

ハタは不正に「ノー」と言える「モラール」を持ち続ける。

gikai_99.jpg


posted by ハタ成章 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

武田薬品工業の選択

大阪創業の薬品大手、武田薬品工業の新研究所の誘致合戦で
神奈川県藤沢市に軍配が上がった。
十三の研究所にいる約800人の研究者の多くは、転居の必要の無い
大阪府バイオ拠点「彩都」への転居を望まれていただけにショックであった。
選定の決め手の一つに、「世界中の研究者が活躍できる研究所を作る」為、
人材や先端情報の集まりやすさが大きなウェートを占めたらしい。
人も金も情報も集積している「世界の東京圏」と言うアピールに負けたのだ。


東京圏に何もかも集まるリスク。
大阪の将来性や、
電車で一時間の距離に奈良、京都、神戸へ行ける文化の多様性
大阪の素晴らしさが伝わらなかった悔しさが残る。

ハタはバイオ研究を応援する応援団員。

彩都ホームページ/http://www.saito.tv/atmosphere/work.html

saito_1.jpg
ラベル:武田薬品 彩都

2006年11月21日

大阪の地震被害

10月30日付け、大阪府危機管理室が
地震被害想定調査の結果概要を発表した。
前回10年前に行われ、地震規模は0.5大きくマグニチュード7.8で想定された。
建物の被害は増えたものの、火災消失や倒壊棟数の減少で死者や避難者数は減少。
現状の備蓄数はクリアーしたそうです。

しかし、公共交通機関の途絶により、府全域で約142万人の帰宅困難者が出るそうです。
これを基に、具体的被害の軽減を目標と掲げ、アクションプログラム「地震防災戦略」
を策定して地震防災対策を推進していきます。

阪神淡路の震災体験から、命が助かった人の殆どの人は、近隣の人たちに助けられ
警察、消防などの救助機関で助けられた人々は4%に過ぎなかったのです。

大阪府、大阪市、万全な態勢で災害に備える努力はしていますが、
もう一つの頼もしい力、「御近所ネットワーク」を生かして生きたいものです。

ハタは御近所ネットワークを応援します。
posted by ハタ成章 at 17:36| Comment(1) | TrackBack(2) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。