2006年11月16日

大阪エヴェッサ完全優勝

evessa01.jpg
evessa02.jpg

http://124.40.0.72/cgi-bin/gallery.cgi大阪エヴェッサHP
10月27日 bjリーグ(プロバスケットボール)初代王者「大阪エヴェッサ」が
知事を表敬訪問した際に、ハタは立会いました。

プロスポーツの分野では、多くの大阪人が活躍しています。
特にチームワークのスポーツは、ある面では自己犠牲が伴います。
一般社会でも同じように、難局をチームワークで乗り切り、
大阪を活力ある素敵な魅力ある所にしたいものです。

ハタはスポーツと街の結びつきを応援します。
posted by ハタ成章 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

アメリカ大阪総領事館友好議員連盟事務局長

友好議員連盟に所属し、過去幾度と無くアメリカの各地を訪問し、
アメリカ市民、議会、政府の人々と交流して、大阪を理解してもらい
大阪府民と友好関係を発展させる活動をしてきました。

9.11の忌まわしいテロ行為に、ワシントン、ニューヨーク、グランドゼロも
お見舞いに訪問しました。

テロだけでなく、地震・風水害・犯罪・国際紛争など、大阪府民の目の前に横たわる
大きな問題、“安心・安全”は私の最大の課題となっています。

ハタは安心・安全の推進者。


ground_zero_1.jpg


http://www6.ocn.ne.jp/~jfam911/GZ.htmlグランドゼロの現状


ground_zero_2.jpg
posted by ハタ成章 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

“パラオ”友好議員連盟事務局長

私は、府議会活動を通じて府政に携わっていますが、
一方では、諸外国との民間友好活動も行なっています。

先日、パラオ友好議員連盟事務局長をしている関係から、
パラオ共和国全権大使 ダイシロウ・ナカムラ閣下が
太田大阪府知事と友好議員連盟を表敬訪問され、同席することに成りました。

屋久島とほぼ同じ面積に、2万人弱の人々が生活し、
25年あまりの日本統治という歴史的経緯から非常に親日的な国民である。

私自身、3度に亘る友好訪問を経験し、太平洋戦争の日本軍の残骸と、
赤道直下に浮かぶ太平洋の宝石とも云える島々を目の前にすると、
パラオ共和国との真の友好関係と世界の平和を願わずにはいられませんでした。

残念な事に、関空からの直行便が無く、グアム経由と成りますが、
多くの人々が訪れていただきたい国の一つです。

ハタは、府民と諸外国の友好に努力を惜しみません。

umi01.jpg

参考:パラオ政府観光局 パラオガイド


umi02.jpg



umi03.jpg
posted by ハタ成章 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

関西文化=日本文化

日本の文化は関西の文化と云っても過言ではありません。
国宝や重要文化財の半分以上は関西圏に存在します。
その中でも大阪の伝統工芸は、日常的で身近な製品が多いのが特徴です。
食文化も大阪の代表ですが、たこ焼きやお好み焼きばかりがスポットを浴びます。
もっと良い物を人々に伝える努力。良い物を後世に伝える努力。
ハタが汗かき努力しなければ
ならない分野は果てしなく残されている。

houcho.jpg

megane.jpg

ハタは伝える努力を惜しまない。

ラベル:伝統工芸 大阪

2006年10月25日

他人の自分

自分が写っている映像を見た事がありますか?
運動会やゴルフ、講演会や行楽のビデオ。

自分がいつもイメージしている手足の動きや、しゃべり方と
レンズや他人の目を通して描かれている自分とでは、
かなりのギャップがあるようです。

企業や商売、行政でも、同じ事が云えるのではないでしょうか。
企業内に所属して感じている企業の姿と
取引会社や地域の人々が感じる姿。

議会や行政も、携わる人と市民が感じる姿とのギャップ。
一生懸命努力していても伝わらない事。
伝わらないから、なんとなく何もしていないイメージ。

「他人の自分」を認識する努力、
違った目線で見る努力、
やろうとしている事を伝えようとする努力。
ハタは努力が好きな、地域の応援団員。
posted by ハタ成章 at 13:17| Comment(1) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

少年・少女期の遺産

何時もコメント、トラックバックをして頂いている「なすか」さん、
有難うございます。
大阪狭山市のプラネタリアンとして羨ましく拝見しています。
音楽の事や日本・ギリシャ神話から季節の話。
鉄道の話など、今まで歩んで来られた人生が次々広がります。
私の地元、新大阪では休日ともなれば少年達や、大人も交えて
「はるか」や「サンダーバード」、「雷鳥」
“キハ”や“クモハ”EF210、DE10などの電車や機関車の
写真を取るため、趣味人達が行き交います。
少年・少女期の経験がたくさん有れば、その後の人生でとても幅ができて
ゆとりが出るように思います。
淀川区のように、1等星ですら満足に見えない夜空のもと、
成長していく子供たちを、情緒豊かな幅のある大人たちに成長してもらうには
「なすか」さんのような方々の努力が欠かせません。

ハタは子供たちの成長を応援する応援団員。

「なすか」さんのブログプラネタリウム室の日記帳
ラベル:新大阪 星座
posted by ハタ成章 at 10:12| Comment(1) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

日本語の文化

いつの間にか「Public Comment」(パブリックコメント)
なる言葉を官公庁が使うようになった。
政省令や告示の原案を公表し、広く一般から意見を募り、
省庁の考えをまとめて、公表することを言うらしい。
「ブラッシュアップ」「アカウンタビリティー」
「ポジティブ」「ネガティブ」「インフラ」「パブリックサービス」
「ガバナンス」「アリバイ」「エゴ」「カンニング」
一方では近年、外来語が氾濫し、社会的に問題となり、
本来の美しい日本語が消えて行くと、文部科学省は警告しています。
また、「ナイター」や「リストラ」「フリーター」等の和製外来語も多く有ります。
美しい日本語が消えて行くのは悲しいが、元来、日本語の性質上
「外来語」を比較的容易に受け入れる下地が存在すると言われています。
「外来語」の濫用の原因を、役人や若者の節操の無さに押し付けてしまうのは
簡単ですが、それが日本語の良い所と見ることも出来ます。
その時代その時代で使われる外来語の変遷が、時代を反映しているからです。
37,000語のカタカナ語で、世界が広がり時代が見えてくる。

ハタは美しい日本語を愛する、応援団員。
posted by ハタ成章 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

工場・企業が移るか 大阪茨木「彩都」&神奈川

大阪を代表する企業の中でも、とりわけ淀川区、十三になじみ深い企業
の一つ「武田薬品工業」。
十三の駅前商店街を抜けたあたりに位置する大阪工場は、新薬研究の拠点でもあり、850人の研究員が従事しています。
なにぶん明治末以来の存在だが、老朽化が進んでいる事や、
集中的に研究を強化できる柔軟性を要求されるため、
新研究所に集約される事が進んでいる。
大阪府内茨木市の「彩都」と神奈川県藤沢市湘南工場跡地との競争です。
大阪の街から企業が消えて行く寂しさだけでなく、人も文化も消えて行く。
もちろん働く所も・・・。
こんな時こそ自治体が汗をかくときです。「商いの街」大阪はがんばるぞ!

ハタは働く場所の創出と、そこで働く人々を応援する応援団員。
posted by ハタ成章 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

写真屋さん

いつの間にか、まわりはデジタルだらけに成っていた。
テレビも地デジ、パソコン、携帯型デジタルプレイヤー・・・。
そんな世の中で、困ったときには何でも揃う、大概の物なら置いているコンビで、
写真用フィルムを置いていない事に驚嘆させられた。
「商い」「儲け」「回転率」こんな切り口で売り場から、写真フィルム文化が消えて行く。
寂しいが自然な流れで当然かもしれないが、
写真愛好家や明治・大正・昭和時代の人間にとって、
写真はフィルムであり、アナログなのです。
修正や切り貼り出来ない、一発勝負のフィルムカメラ。
日本人のどこか、いさぎよさにも似たところのあるフィルム写真文化は
まだまだ写真屋さんにチャンスがある様に思います。
頑張れ銀塩写真屋さん、がんばれがんばれ写真屋さん。

ハタは写真屋さん・銀塩文化を応援する応援団。
posted by ハタ成章 at 09:33| Comment(1) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

新婚さんいらっしゃい

誰もが住みやすい社会。
子供が居て、若者が居て、新婚が居て、老人が住む、
目指すはそんなバランスのとれた、住みやすい社会。
色々な人々への応援をしていく中で、
9月の議会で、大阪府住宅条例の改正を提案いたします。
10年という条件は付きますが、立地の良い新築住宅に住んで頂き
仕事と子育ての両方の負担を応援しようと云うのがねらいです。
新婚世帯が元気で家族形成ができる、
そんな社会が実現すれば、
元気なおおさか、パワフル大阪は一歩前進。
ハタは新婚さんの応援団。
posted by ハタ成章 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 府議会と政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。